" />

日本株保有銘柄公開

【2022年10月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

月次恒例の日本株保有銘柄を公開します。

引っ越しにともない、月末・月初がインターネットが繋がっていなかったため、11月2日時点の情報になる旨ご容赦を・・・

A子

高配当株投資を続けている人は、どんな銘柄に投資しているか知りたい!

という方は、是非読み進めてみて下さい。

まず、私の投資プロフィールから

ポイント

  • 2008年より株式投資を開始して14年生き残り続ける
  • 2011年に東電株で大失敗→年末には資産10万円割る
  • 2012~2015年 FXメインで買ったり負けたり・・・トータルちょいプラス
  • 2016年~2020年 FXをやめ高配当株と若干グロース株も少々(年20~30万プラス)
  • 2020年下半期 コロナショックで銘柄選びに失敗。減配しない高配当リストを作成し今に至る
  • 2021年1月 資産1,000万円達成

こんな感じで、私も現在の資産を貯めるまでにたくさん失敗してきました。

その結果私が実際に保有している銘柄、購入候補に挙げている銘柄は、↓の記事のようになっております。

厳選30銘柄公開:日本株で高配当ポートフォリオを作るとしたら?

といった悩みを抱えていませんか? そんな方は是非読み進めて下さい。 最初に、私の株式投資プロフィールを紹介 こんな感じで、私も最初は何度も銘柄選定を間違えました(笑) さて、高配当銘柄はたくさんありま ...

続きを見る

それでは、以下2022年10月時点での保有銘柄の状況をお伝えしていきます。

※過去1年分の実績は以下を参照下さい。


【2022年9月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

【2022年8月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

【2022年7月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

【2022年6月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

【2022年5月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

【2022年4月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

【2022年3月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

【2022年2月時点】日本高配当株の保有銘柄を公開

【2022年1月時点】日本株の保有銘柄を公開

【2021年12月時点】日本株の保有銘柄を公開

【2021年11月時点】日本株の保有銘柄を公開

【2021年10月時点】日本株の保有銘柄を公開

スポンサーリンク

2022年10月時点:日本高配当株の保有銘柄一覧

9月末 +51万円 → 10月末(11/2時点)+83万円

10月末時点での数字を確認できなかったため、11月2日時点の数値となります。

銘柄に変更はないため、単純計算で30万円以上プラスとなりました。

引っ越しにともない、何かとお金が飛んでいきましたが、株式投資のおかげて給料が倍になったようなもの・・・

そのため、前年比の全資産ベースでは、大幅なプラスとなっております。

B助

9月の大幅な株価下落で、投資やめちゃったよ・・・

って人は、かなり多かったかと思います。

たったあと1ヶ月踏ん張れば、これだけと恩恵が受けられた上、12月には配当金がもらえたのです!

もちろん、選んでいる銘柄次第ではありますが

長く続けることが成功への近道

と証明できる1ヶ月であったと言えますね。

結局「東京海上」は買えず・・・

2ヶ月前から狙っていると公言していた東京海上ホールディングスですが・・・

TAKASUGI

配当利回り4%までは意地でも買わないニャー

というスタンスでいたら、どんどん上昇してしまいました。

もう少しアメリカ発のインフレ、大幅な利上げ問題が長引くかと思いましたが、

大分株価に織り込み済み

となってしまったようです。

次のチャンスは決算発表時のため、ここで大幅な下落があったら買い向かおうと考えております。

気になった個別銘柄の決算発表

前述のとおり、引っ越しでリアルが忙しすぎたため、ほとんど決算発表を見られておりません。

とはいえ、株価見ていて

TAKASUGI

なんか異様に上がっている(または下がっている)

きっと決算発表で何かあったんだろうな~

と思ってチラッと見た銘柄を少し振り返ります。

JT

期末の業績予想および配当予想を上方修正

期末の1株配当は

75円 → 113円

年間合計での1株配当は

140円 → 188円

と大幅増となる見込みです!

そして何より

4年ぶりにプラ転

3,000円台で手を出し長らく含み損を抱えておりましたが、ついに解消されました!

業績が伸びないときは何かと言われておりましたJT・・・減配でかなり見捨てた投資家も多かったと思います。

しかし、財務は健全だし倒産リスクがほぼない企業なため、保有し続けて報われた瞬間でした。

花王

こちらは前年同期比30%程度のマイナスで、元気がありません。

連続増配日本記録保持者として君臨する花王ですが、決算発表を受けて

8%以上の下落!

株価も一時6,000円まで回復しておりましたが、5,100円くらいまで戻されております。

再び5,000円割れになる可能性があるため、買い時を探るべく、今後も値動きをチェックしていこうと思います。

三井物産

例年どおりの場中決算発表でした(笑)

もちろん、忙しくて見ておりませんが・・・

さて、総合商社はもろに円安のプラスの影響を受けているため、予想どおり良い数字が並びました。

純利益 前年同期比+33.2%

最終益 9,800億円へ上方修正

そして、一番気になる1株配当は

10円増配

前期120円 → 今期130円

となっております。

もちろん今後の三井物産への期待が高まる決算発表でしたが、この後決算発表を控えている

伊藤忠商事

三菱商事

の期待を高める結果となりましたね。

終わりに

アメリカのインフレ退治と利上げは続いておりますが、株価は大分織り込んだ模様

継続することがプラスに働くことを再確認できた1ヶ月でした。

また、決算発表ラッシュが続いております。

この後も注目の銘柄が続々出てきますので、忙しい中でも時間を取って見ていくつもりです。

スポンサーリンク

-日本株保有銘柄公開