" />

株主優待

【オリックス】人気の高配当・株主優待銘柄だが、100株保有が妥当な理由とは?

オリックスはよく株主優待ランキングを行うと、決まって上位に入ってくる大人気の銘柄です。

株主優待だけでなく配当利回りも非常に高いことも魅力です。

しかし、結論としてあまり多く持ちすぎるのは危険で、最低単元の100株だけ持つべきと考えます。

ここでは、オリックス株を持つメリットと危惧されるリスクを解説していきます。

スポンサーリンク

オリックスは人気の高配当・優待株だが100株保有が妥当な理由を解説

もくじ

  • 2020年3月期は最高益更新ならずも、業績は安定的
  • 営業利益率やROEはそこそこで、収益性は高い
  • 月足チャートは横這いから下向き。コロナショックの2番底に警戒
  • 配当利回りは4%以上。減配は免れるも2021年3月期は未定。
  • リーマンショック級の暴落時は超キケンな株です
  • 本日届いた2020年版カタログギフトを紹介。あと1年でグレードアップします

・2020年3月期は最高益更新ならずも、業績は安定的

上図のとおり2020年3月期は最高益こそ更新しませんでしたが、業績はここ数年安定しております。

増配とはなりませんでしたが、2019年3月期同様76円の配当となりました。

現時点で気になるところは、2021年3月期の見通しが出せていないこと。

次の第一四半期の決算発表は注目する必要があるでしょう。

営業利益率やROEはそこそこで、収益性は高い

営業利益率・ROEともに二桁に乗っております。

極端に高いということはありませんが、時価総額1兆円越えの大企業の中では、収益性が高いといえます。

月足チャートは横這いから下向き。コロナショックの2番底に警戒

アベノミクス開始時点が1,000円割れていたので、その1年後の2013年から1,200円から2,200円くらいのレンジに入っております。

現在は1,300円台とレンジの下限に近い位置です。

この状態が続くのなら下限で買って高くなるまで持てば、値上がりと配当、株主優待まで得ることができます。

しかし、現在はコロナショックの真っただ中で、いつ2番底が来てもおかしくありません。

2,000円に向かうのではなく、1,000円割れに向かう恐れは大いにあり得ます。

テクニカル的にも移動平均線の並びと株価との位置関係が下方向のため、安易に飛びつくのはおすすめできません。

配当利回りは5%以上。減配は免れるも2021年3月期は未定

2021年3月期の見通しが出ていないため、配当は76円を維持すると仮定します。

すると2020年6月30日時点の株価で、配当利回りは5.72%もあります。

ちょっと高すぎですが、配当性向は32%と高くないため、今のところ問題ない水準です。

しかし、肝心の利益が今期も維持できるかは不透明。

高配当だからとすぐ買うことは危険と言えます。

とはいえ、オリックスの評価できるところは、今期に限り配当性向50%をうたっていること。

配当はなるべく維持して株主還元に力を入れていることは、大いに評価できます。

リーマンショック級の暴落時は超キケンな株です

上記はオリックスの年足チャートになります。

過去2回大きな陰線がありますが、2000年くらいのがITバブル崩壊で2008年くらいのがリーマンショックです。

まだ記憶に新しいリーマンショックでは、2,000円ほどあった株価が200円を割れ10分の1になってしまいました。

このことから、暴落時に脆い株と言わざるを得ません。

今回のコロナショックでは、まだ半値にもなっていません。

過去の履歴を見る限り、もう一度下方向に向かうようなら、さらなる下落は必至です。

今期の業績次第で1,000円割れは大いにあり得るため、注意が必要です。

届いた2020年版カタログギフトを紹介。あと1年でグレードアップします

カタログギフトを受け取るのも、2018年から数えて3回目となりました。

毎年の我が家の楽しみの一つとなっております。

肉・魚・お米など、各都道府県の名産品から好きなものを一つ選べるといった内容です。

以前紹介したKDDIとよく似た優待内容ですが、オリックスにはプラスで株主カードの優待もあります。

こちらはオリックスでレンタカーを借りたり、東京スカイツリーの下にある「すみだ水族館」に入館したりするとき、割引サービスを受けられます。

また、最大の魅力は3年保有でグレードアップすること。

私はあと1年でグレードアップしAコースの優待を受けられるようになるため、来年のこの時期を迎えるのを非常に楽しみにしております。

まとめ

  • 業績は悪くないが、2021年3月期は先行き不透明
  • 配当利回り、株主優待の内容は非常に魅力的
  • 過去の大暴落の経験から、コロナショックの真っただ中で買いに走るのは危険
  • 配当金と株主優待狙いで、下がったら100株だけ持つのが妥当

このように、オリックスの株を持つと多くの株主還元を受けられる一方、暴落時に脆い傾向があります。

そのため、本サイトでは配当と優待目的で最低の100株だけ持つのが妥当と考えます。

特に2020年は何が起こっても不思議ではありません。

まだ次の株主優待が受けられるまでは時間があるので、安易に買いに走らず、下がり切るまでじっくり待つことが重要です。

株主優待をもらうための手順

  1. 証券会社へ口座を開設
  2. 口座へお金を入金
  3. 欲しい優待の株を購入

下記2社は50万円まで購入手数料無料のためおすすめです。

松井証券

SBI証券

株主優待銘柄狙いの基礎知識は、以下の記事を参照下さい。

【株主優待】は株式投資の魅力のひとつ うまく利用して月々の支出を減らしましょう

スポンサーリンク

-株主優待
-,