" />

インデックス実績公開

【2021年3月末時点】インデックス投資の実績公開

2021年も4分の1が終了しました。

定例のインデックス投資の実績を確認していきます。

運用開始から4年0カ月目の成績となります。(iDeCoは7ヶ月目)

※過去の実績は以下を参照下さい。

【2021年2月末時点】インデックス投資の実績公開

【2021年1月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年12月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年11月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年10月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年9月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年8月末時点】インデックス投資の実績公開

スポンサーリンク

2021年3月末時点のインデックス投資実績を公開

ニッセイ外国株式インデックスファンド
+271,799円(+27.52%)

ニッセイインデックスバランスF6資産均等型
+62,684円(+13.54%)

・合計
+334,483円(+23.06%)

年初から一貫して上がり続けております。

このまま投資を辞めるまで続けばいいのですが、当然いつかは大きな下落局面がやってきます。

11月の大統領選から数えると、間もなく半年上がり続けております。

4月から5月は、下落局面があると考え、備えた方がいいかもしれませんね。

2021年3月末時点のiDeCoの実績

ようやく手数料を引いてもプラス圏内となりました。

こちらは老後まで原則決済できないため、上がっても下がっても手出しすることはありません。

確定申告なり年末調整で申告し、所得税や住民税を下げる節税が現役世代での大切な役割です。

毎月の投資金額を増加

今は株高のため極端に上げませんが、4月より月々3万円投資から3.5万円投資に増額することにしました。

現金比率がかなり高くなってしまったので、本音は高配当株や米国高配当ETFをもう少し増やしたいところです。

しかし、これだけ株高の状態が続くと配当利回りが下がっており、個別株に選択肢はそう多くありません。

そこで、ドルコスト平均法を採用しているインデックス投資なら、株高局面で増やしても問題ないとの結論に至り、積立額を増資することとしました。

もう少し株価が下がってきたら、さらに増資することも考えております。

終わりに

3月も株価は堅調に上がりました。

しかし、上昇期間が長くなってきたこともあり、日経では値がさ株が落ちてきたり、引っ張られて上昇した高配当株も決算を境に下落傾向です。

アメリカに関しては、4月は堅調に推移するかもしれませんが、5月は格言どおりいくと「セルインメイ」です。

やや大きめの下落があるかもしれないので、来るべき時に多く買えるよう資金を準備しておきましょう。

◆関連記事
Q.資産運用初心者におすすめの投資方法は? A.インデックス投資で外国株式に投資することです

インデックス投資用の証券会社選びに迷ってませんか? 迷ったらこの3社がおすすめ!

◆2021年3月の日本株の実績公開はコチラ
>>>【2021年3月時点】日本株の保有銘柄を公開

スポンサーリンク

-インデックス実績公開