" />

実績公開

【2021年7月末時点】インデックス投資の実績公開

定例のインデックス投資の実績を確認していきます。

運用開始から4年4ヶ月目の成績となります。(iDeCoは11ヶ月目)

※過去の実績は以下を参照下さい。

【2021年6月末時点】インデックス投資の実績公開

【2021年5月末時点】インデックス投資の実績公開

【2021年4月末時点】インデックス投資の実績公開

【2021年3月末時点】インデックス投資の実績公開

【2021年2月末時点】インデックス投資の実績公開

【2021年1月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年12月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年11月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年10月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年9月末時点】インデックス投資の実績公開

【2020年8月末時点】インデックス投資の実績公開

スポンサーリンク

2021年7月末時点のインデックス投資実績

ニッセイ外国株式インデックスファンド
+377,354円(+32.17%)

ニッセイインデックスバランスF6資産均等型
+87,822円(+16.03%)

・合計
+465,176円(+27.03%)

9ヶ月連続の上昇となりましたが、かなり鈍化しました。

そろそろ連続上昇も終焉のときを迎えそうですね。

2021年7月末時点のiDeCoの実績

iDeCoの方も同様に微増といったところです。

資産公開している理由

1年程毎月インデックス投資の資産を公開しておりますが、その理由はこれからインデックス投資を始める人のため。

この投資手法は高確率で勝てますが、如何せん結果が出るのは20年~30年先となります。

そして、やっていることと言えば特段難しいことはなく、毎月一定額以上インデックス型の投資信託につぎ込んでいるだけです。

「高度なことをやっていないのに勝てるのか?」

「始めたけど、資産がぜんぜん増えない」

とインデックス投資に疑問を持ち、すぐ止めてしまう人も多いかと存じます。

そこで、折角有効な投資手法にたどり着いたにも関わらず、すぐ止めてしまうのはもったいないので、これから始める人への道しるべの一つとして公開している次第です。

とはいえ、私もこの投資手法にたどり着いてからまだ5年目。

完全にリタイアするまで数十年、止めずに続けていければと考えております。

まとめ

2021年7月は、特に大きな動きはなかったように感じます。

日本だけ一人負け状態ですが、世界全体ではやや上向きといったこともありインデックス資産はプラスでした。

次月以降も毎月の積立てを継続しつつ、大きな下落があった際はスポット買いまたはETFを購入していくスタンスを続けていきます。

◆2021年7月の日本株の実績公開はコチラ
>>>【2021年7月時点】日本株の保有銘柄を公開

スポンサーリンク

-実績公開