" />

その他

月3,000円の節約が100万円の価値に匹敵する理由とは?収入を増やすのは大変だが、支出を減らすのなら誰でもできる!

最近何かの記事かブログで、

「月3,000円の節約は、100万円の価値がある」

というのを見かけました。

あまりピンと来ない人が多いかと存じますが、結論おっしゃるとおり「なるほど、100万円の価値があるな」と感じました。

その理由を少し解説していきます。

スポンサーリンク

月3,000円は年間36,000円。100万円を3.6%で資産運用したのと同価値

毎月3,000円節約できそれを1年間続けると、36,000円になります。

金額自体は100万円に程遠いですが、この方は1年間節約術を駆使して36,000円生み出したとも言い換えられます。

もしこれを節約ではなく収入を増やす形で同じ金額を生み出すには、100万円投資して3.6%以上で運用する必要があります。

投資では頑張っても4%くらい増やすのが関の山です。

故に毎月3,000円節約することは、100万円用意して株式や投資信託を購入し、4%程度で運用するのと同義と言えるのです。

収入を増やすより支出を減らす方が圧倒的に簡単

収入を増やすのは至難の業です。

月支出を3,000円減らすことができない人は、年収を100万円増やして株を購入し4%程度で運用しなければなりません。

現在の職場で来年・再来年と近い将来、年収100万円も増やせる見込みのある方はいらっしゃるでしょうか?

答えはほぼノーでしょう。

反対に、節約は簡単です。

毎週居酒屋に行く人は、1週間だけ行かない週をつくるだけで3,000円支出を減らせます。

タバコを毎日1箱吸う人は、2日で1箱にすれば7,500円(1箱500円で30日と仮定)も支出を減らせます。

このように、少しの我慢で誰でも支出を減らせるため、支出を減らすことは非常に価値があることなのです。

◆関連記事

【節約術】最重要キーワードは「なくても生きていけるものは切る」

減らした支出を投資に回せば、さらに資産が増えていきます

月3,000円の支出に成功したら、これを有意義に使いましょう。

単純に貯蓄するだけではなかなか資産は増えていきません。

メガバンクの年利は0.001%で、ネット銀行に預けても0.2%まで上げるのが限界です。

そこで、投資信託を購入するのをおすすめします。

特に日経平均やアメリカのS&P500に連動するインデックス型の投資信託はおすすめです。

インデックス投資はコストが少なくかつ勝てる可能性が高い投資手法です。

月たった3,000円の節約が投資信託に変わり、20年・30年先には100万円以上、途中で投資額を増やせば1,000万円以上の資産も夢ではないのです。

◆関連記事

Q.資産運用初心者におすすめの投資方法は? A.インデックス投資で外国株式に投資することです

◆おすすめ書籍の記事

読みやすいおすすめビジネス本【はじめての人のための3,000円投資生活】私がインデックス投資を始めるきっかけとなった1冊を紹介

終わりに

このように、たった月3,000円の節約が実は大きな意味を持っています。

しかも、収入を増やすより支出を減らす方がずっと簡単です。

そこで節約した資金で株式や投資信託を購入すれば、さらに資産を増やしていくことも可能です。

少しの節約が人生を豊かにする可能性を秘めています。

全く貯金がない20代・30代の方は、まず生活サイクルを見直しストレスなく節約できることはないか探してみましょう。

スポンサーリンク

-その他