" />

高配当株

5万円以下で買える高配当株は?おすすめ5選を紹介

よく周囲の方から、

「株式投資始めたいけど、5万円くらいで買える株ってあるの?」

と質問を受けることがあります。

そこで松井証券のサイトから

「東証1部」「最低投資価格5万円以下」

で検索すると263銘柄ヒットしました。※2020年10月2日時点

この中で特に初心者におすすめだと思った株を、5銘柄紹介していきます。

スポンサーリンク

5万円以下で買えるおすすめの株は?

①三菱UFJフィナンシャルグループ

5万円以下で買える株の中で、時価総額トップ。

近年減配もないため、株初心者がとりあえず買ってみるのには最適と言って過言でない銘柄。

現在配当利回りは6%近くあり、今期はコロナ過で減益ながらも配当維持できそうです。

②双日

総合商社。伊藤忠商事や三菱商事といった5大商社と比べると規模は小さいものの、豊田通商とあわせて7大商社といわれることもあります。

今期はコロナの影響で大幅な減益を見込むため減配。

しかし、株価も下がったため現状配当利回りは4%以上と高いです。

③セブン銀行

業種は銀行ですが、主にATMで提携金融機関から手数料を取って稼ぐところが、一般的な銀行と比較して違いがあります。

業績をみても、コロナの影響は一般の銀行と比べて少ない

減配なく1株11円予想で、配当利回りは4%を超えます。

予想の1株当たりの利益が20円前後で、配当性向は50%前後に落ち着きそうです。

今期も無理のない配当で減配リスクは低いでしょう。

④三菱UFJリース

2020年3月期で21期連続増配中

配当利回りも5%を超えています。

しかし、今期はコロナの影響により連続増配ストップのピンチ。

9月24日に発表された、日立キャピタルとの経営統合により巻き返せるかが増配維持の鍵となるでしょう。

⑤タカラレーベン

不動産業で主に分譲賃貸マンションの販売。

CMもよく流れているため、知っている方も多いのでは?

今期は大幅減収の見込みで減配(19円→12円)

しかし、それでも4%弱の配当利回りとお米券の株主優待がもらえるため、100株だけ買うのはありです。

5万円以下で買える株の特徴は?

①倒産しても被害が少ない

たくさん買うのでないなら、リスクは5万円です。

それ以上負けることは絶対にありません。

失ってもやり直しがきくレベルの被害額のため、株の勉強(買う・売る・配当を受け取るなど)および経験に最適です。

②値上がり益を望める銘柄は少ない

5万円以下の株には、「日産自動車」や「レオパレス」など不祥事を起こして赤字に転落し株価が下がった銘柄も多いです。

また、三菱UFJフィナンシャルグループのような大企業は、倒産リスクは非常に少ないものの、成熟した企業であり株価上昇は期待できません。

基本的に値上がりを狙って購入するより、配当金を受け取ること(インカムゲイン)を目的としましょう。

あれ?みずほフィナンシャルグループの株って安く買えなかったっけ?

みずほフィナンシャルグループはこれまで15,000円~20,000円くらいで購入できました。

そのため、誰もが知っている大手企業でかつ高配当であり、5万円以下で買える株の代名詞でした。

しかし、2020年10月1日より株式併合により1株→10株となり、最低投資価格が10倍に・・・

現在は13万~15万円くらいないと100株購入できない株となりました。

終わりに

5万円以下で絞っても、そこそこ買える株はあります。

しかし、とはいえ優良銘柄は少ないため、もう少しお金を貯めて20万~30万円くらいの株まで購入できるようにしたいところです。

三菱商事や伊藤忠商事、KDDIといった高配当維持や増配が期待できる銘柄は、この価格帯に多く存在しております。

5万円で始めてもいいですが、もう少しお金を貯めて幅広い銘柄に投資していく方がベターでしょう。

SBIネオモバイル証券なら1株から購入可能

こちらの証券会社なら、通常100株からしか買えない株を1株から購入可能です。

投資金額が5万円しかなくても、本来20万円以上ないと購入できない株も購入可能です。

資金のある方でも、多くの銘柄へ分散投資したいのであれば、SBIネオモバイル証券が便利です。

口座開設に興味のある方は、以下をご参照下さい。

>>>【SBIネオモバイル証券】

◆SBIネオモバイル証券の詳細記事

1株から買える!資金が少ない初心者におすすめの証券会社【SBIネオモバイル証券】の魅力とは?

スポンサーリンク

-高配当株