" />

インデックス投資

インデックス投資は儲からないはウソ!?3つの過ちを犯した方の主張です!

インデックス投資が流行っているけど、結局儲かるの?

儲からない話をよく聞くんだけど・・・実際のところどうなのかな?

といった疑問にお答えします。

結論、

インデックス投資は儲からないはウソ

です。

失敗した人には、以下のいずれかの理由があると思われるからです。

①暴落時精神的に耐え切れず、やめてしまった
②すぐ資産が増大することを期待してしまった
③銘柄選びを間違えた

それでは、以下失敗例の詳細と、失敗しないための改善方法を解説していきます。

最後に、私自身の実績も公開しておりますので、ご参考下さい!!

スポンサーリンク

インデックス投資を儲からないと主張している方の言い分は?

インデックス投資を儲からないと主張される方は、上述3つのいずれかの過ちを犯してしまったと思われます。

それ故、

インデックス投資なんて儲からない!!

と結論付けられてしまったと考えられます。

暴落時精神的に耐え切れず、やめてしまった

インデックス投資は1年や2年では結果が出ません。

20年、30年と続けて、はじめて大きな資産を築き上げることができます。

ところが、その間に必ず何度かリーマンショックのような暴落を経験してしまいます。

そのため、精神的に株価下落に耐え切れず売却してしまったとしたら、その時点で負けです。

このような経験者は多々いらっしゃるため、

インデックス投資は儲からない

と結論付けた方も多いのではないでしょうか?

すぐ資産が増大することを期待してしまった

前述のとおり、インデックス投資ではすぐに資産を2倍、3倍と増やせません。

年間平均すると、投資額の5%程度がリターンの期待値です。

そのため、短期間で大きく資産を増やそうとしてインデックス投資を始めたのなら、

期待外れだった

と結論付けられることでしょう。

このような方達も、「インデックス投資は儲からない」と判断していると思われます。

銘柄選びを間違えた

全世界の株式や、アメリカを代表する指数である「S&P500」は、右肩上がりに成長を続けています。

そのため、これらの指数に連動しているインデックスファンドを買えば、長期的にはプラスになる可能性が高いです。

しかし、日経平均は上記のように右肩上がりの指数ではありません。

横這い・右肩下がりの指数に連動させても、利益を得ることはできないのです。

日本人である以上、取っつきやすいのは日本の株式や投資信託かと思います。

そのため、日本人であればインデックス投資に目覚めた場合、

手始めに日経平均から

と考えてしまう方が多いのはやむを得ないことでしょう。

しかし、長い期間かけてもプラスになっていない指数に投資しているため、儲からないのです。

こういった投資先を間違ってしまった方も、インデックス投資は儲からなかったと結論付けてやめてしまったと考えられます。

インデックス投資を失敗例から儲かる仕組みへ変えるためには?

それでは、インデックス投資したものの失敗して、

こんなことなら、インデックス投資なんてやらなければよかったよ・・・

とならないための改善点を解説していきます。

大暴落がきても気にせず投資し続けること

インデックス投資は、そもそも20年、30年先にプラスになっていることが前提です。

そのため、当然その間何度か訪れるであろう大暴落を見越した上でシミュレートされています。

よって、大暴落に見舞われて資産が激減したとしても、投資をし続けることが正解なのです。

上記失敗例のように、精神的に耐え切れず売却しないようにして下さい。

そもそも、

暴落は来るものだ

と思って臨めば、精神的に楽になれますよ。

インデックス投資に過度な期待はしない

もしインデックス投資に過度な期待をするなら、いっそインデックス投資はやらない方が無難です。

あくまで長期で資産を形成することが目的の投資手法です。

もし5年以内にミリオネアを目指すのなら、個別株やデイトレード、新ビジネスを立ち上げるなど、別の手段で目指して下さい。

ただし、こういった世界で成功する方はごくごく一部です。

一度挑戦してみて

自分には無理だ

と思ったら、誰でも成功できる可能性があるインデックス投資に戻ってきてください。

また1からコツコツ頑張りましょう!

尚、インデックス投資の遠い未来の期待値は、下記金融庁のシミュレーターに数値を入力することで分かりますよ。

資産運用シミュレーション - 金融庁

金融庁サイト内より

インデックス投資にあった銘柄選びをおこなうこと

日経平均のように、右肩上がりでない指数に連動させても、意味はありません。

必ず、S&P500のような右肩上がりの指数に連動した投資信託を購入しましょう。

FIRE(アーリーリタイア)するのに最適の投資先はアメリカor全世界株式! その理由を徹底解説!!

FIREするのに最適の投資先はアメリカor全世界株式! その理由を徹底解説!!

といったお悩みにお答えしていきます。 投資といって真っ先に思いつくのは「株式」ですが、他にも、 不動産(現物・REIT)投資信託ETF金(ゴールド)FX仮想通貨(ビットコイン) などなど、たくさん投資 ...

続きを見る

インデックス投資の実績

私は、2021年12月でインデックス投資を始めて4年9ヶ月経ちました。

iDeCoは後から始めたので、1年4ヶ月になります。

その実績は、以下のとおり。

インデックス投資の実績(4年9ヶ月目)
iDeCoの実績(1年4ヶ月目)

このように、しっかり利益が出ております。

そして、ここが大事なことですが、2020年4月時点で元本割れしておりました

今大きな利益となっているのは、まさに大暴落時に恐怖に負けて売らなかったから

暴落時の狼狽売りが失敗の原因であることがもっとも多いため、長く続けることが肝要ですね。

まとめ

最後に、本記事のまとめです。

◆インデックス投資が儲からないと言われてしまう理由

・暴落時精神的に耐え切れず、やめてしまった
・すぐ資産が増大することを期待してしまった
・銘柄選びを間違えた

◆インデックス投資の失敗例を改善する方法

・大暴落がきても気にせず投資し続けること
・インデックス投資に過度な期待はしない
・インデックス投資にあった銘柄選びをおこなうこと

インデックス投資は20年、30年先の資産形成を見込んだ投資手法です。

右肩上がりの指数に連動させれば、儲かる可能性の方が圧倒的に高いのです。

よって、インデックス投資が儲からないはウソと言えます。

ただ、上記のように誤った対処をすると、折角優良な投資手法でも失敗してしますのです。

正しい知識を身につけた上で、将来の大きな資産形成を目指していきましょう!

あわせて読みたい関連記事

インデックス投資初心者はこれだけ覚えればOK! 3つの銘柄選びの方法は?

といった悩みにお答えします。 結論として、以下の条件で銘柄を選びましょう。 ①投資対象は株式②投資先(国)は「全世界」or「アメリカ」③手数料(コスト)が低いものを選ぶ たったこの3項目を意識するだけ ...

続きを見る

インデックス投資とは?わかりやすく競馬に例えて解説します!

といった疑問にお答えします。 この回答を最初に取っつきやすいよう競馬に置き換え説明すると、 ・どの馬が勝つか当てる→ 個別株投資・競馬の運営会社(胴元)に投資する→ インデックス投資 とほぼ同義になり ...

続きを見る

スポンサーリンク

-インデックス投資