" />

その他

ギャンブルを続けると絶対に負ける3つの理由とは?投資と違い勝つにはプラスのタイミングで即逃げするしかない!

よく投資とギャンブルを同じものと捉えられがちですが、両者は決定的な違いがあります。

それは、ギャンブルは続けることでトータルでは絶対に負けてしまうことです。

一方、投資は一時的にマイナスになる期間があっても、現在の金融システムが崩れない限り、やり方を間違えなければ高確率でプラスにできます。

では、なぜギャンブルは負けてしまうのかを解説していきます。

スポンサーリンク

投資と違いギャンブルが絶対に負ける3つの理由とは?

ギャンブルが絶対に負ける理由は以下の3つになります。

  • 勝っているうちに止められない
  • 運と実力の違いを見誤る
  • 胴元が必ず勝つようにできている

勝っているうちに止められない

ギャンブルで勝っている人のほとんどが、大負けして痛い目を見るまで止めません

たまたま勝ちが続くと、それが実力で勝ったと錯覚してしまうからです。

そうなると勝ち続けて1億円手にしても10億円手にしても、そこで止めるという思考に至りません。

いずれ確率は収束し、そのうち負け続けるようになります。

1度負けると今度はその1回の負けの方をたまたまと思い込み、その負け分を取り戻そうと大きくBETします。

さらに負けて勝ちが吹き飛び、結局マイナスとなってしまうのです。

ギャンブルは絶対に胴元が儲かるようにできております。

プレイヤーである限り、圧倒的に不利だということを踏まえ、ギャンブルは遊びの範囲内で留めておくべきです。

運と実力の違いを見誤る

前項でも触れたとおり、ギャンブルに勝ち続けるとそれが運によるものか実力であったのか区別がつかなくなります

多くの人は実力であると錯覚し、負けるまでギャンブルを続けてしまうのです。

これは投資の世界でもあることで、たまたま持っていた株で決算が異常に良くて急騰し、大きな利益を得ることがあります。

すると「自分には急騰する株を目利きする力がある」と勘違いし、それまで配当金を狙う手堅い投資手法だったのに、5倍・10倍になる株を探す手法に変わってしまいます。

ところが、そうそう買い値から何倍にもなる株など手にすることはできません。

逆に半値以下になってしまう株ばかりを持つ羽目になり、結局損をしてしまうのです。

このような錯覚は誰にでも起こり得ることなので、一度の大勝ちに一喜一憂せず、たまたまだったと謙虚に受け止めることが大切です。

胴元が必ず勝つようにできている

こちらも前述のとおり、運営者は必ず儲かるようになっております。

確実に胴元が儲けられないようなら、誰もカジノや競馬など運営しようと思いません。

その日たまたま大勝したのなら、その他大勢はそれ以上負けています。

いわゆるゼロサムゲームと言われるもので、全体のパイは決まっていて、誰かが勝てばその分負けている人が絶対にいます。

ギャンブルはプレイヤー全員が幸せになることができません。

そのため、一時的に自分に幸せが訪れても、続ける限りいずれ不幸がやってきてしまうのです。

ギャンブルに勝つには勝ち逃げのみ

ちなみに、私はギャンブルと言われるもので、2つ生涯成績がプラスのものがあります。

1つ目はパチスロです。

今から12~13年前までは、簡単に理論値プラスになる高設定の台を確保できたため、その際1,000万円くらい勝ちました。

しかし、ここ10年は社会人として働いていることもありますが、全くパチンコ店には近づきませんでした。

その理由は、パチンコ・パチスロ業界がここ10年で大きく市場を縮小させてしまったためです。

イベントや出玉が規制され客離れが進み、店舗数も全盛期の半分以下になってしまいました。

そのため以前のように出玉還元できず、今パチスロで生計を立てることなどほぼ不可能です。

もし私がこの10年もパチスロを続けていたら、間違いなくマイナスになっていたことでしょう。

そして、もう一つの生涯成績プラスは競馬です。

これは数年前に職場で、ノリで2回やったのですが、最初は負けて次勝ってトータル5,000円プラスになりました。

競馬はスポーツとして見るのは好きですが、これ以上お金を掛けようとは思いません。

続ければパチスロと比較して攻略要素がないため、間違いなくマイナスになるのは目に見えています。

結局、勝ち逃げするしかギャンブルで勝つことはできないのです。

各ギャンブルの還元率は?意外とパチンコは良心的です(笑)

下記サイトから、各ギャンブルの還元率を確認してみました。

※ギャンブル還元率ランキング

最悪は宝くじで、50%もありません。

理論上買った瞬間、価値が半分になってしまうのです。

◆関連記事
宝くじは最悪のギャンブル。パチンコの方がマシな理由とは?

次に、競馬や競輪・オートレースといったところが、70~80%くらいとなっております。

意外に思われるかもしれませんが、パチンコ・パチスロは80~85%もあります。

上記公営のものより、よっぽど良心的なことがこの数字から分かります。

世間のイメージは決してよくないパチンコ・パチスロですが、公営ギャンブルの方がぼったくりだということがよく分かりますね。

そして、一番マシなのがオンラインカジノとなっております。

もしどうしてもギャンブルをしたいというのなら、公営のものはやらずパチンコ・パチスロかオンラインカジノあたりをやるべきです。

しかし、理論値マイナスであることに変わりはないため、予算を決めその範囲内で楽しむようにしましょう。

終わりに

このように、ギャンブルは基本胴元が儲かるようにできているため、一生続けたらどうあがいても勝てません。

もし一度手を出してたまたま勝つことができたのなら、周りからチキンだ何だと言われようと、勝ち逃げすることをおすすめします。

尚、本サイトでは投資を推奨しておりますが、ギャンブルと同義の投資(投機)は推奨しておりません。

FXや株の信用取引によるデイトレなどは、ギャンブルやゲームに近いものです。

将来高確率で資産形成できるよう、正しい投資手法を身につけていきましょう。

◆おすすめの投資手法はコチラ
①インデックス投資
Q.資産運用初心者におすすめの投資方法は? A.インデックス投資で外国株式に投資することです

②高配当株投資
日本株だけで配当金生活は難しい でも、年間5~10%は射程圏内です

スポンサーリンク

-その他