" />

FIRE

FIREすると「やることない」はウソ? 意外と忙しいFIRE後の生活とは?

FIREすると、暇でやることがないと思われている方が多いようです。

そのため、

FIREしたら、やることがなくて暇そう・・・

そんなFIREを目指す意味はあるの?

といった疑問にお答えしていきます。

私はFIRE経験者ではありませんが、経験者の意見や自分自身が思い描くFIRE後の世界では、

むしろFIRE後の方が忙しい

です。

そこで、本記事では「FIREすると本当にやることがなく暇になるのか」を検証してみました。

スポンサーリンク

FIREすると「やることがない」か検証した結果

残念ながら、私はFIREしておりません。

基本ミニマリストなので単身ならFIREしておりましたが、家族持ちのため大嫌いな仕事を続けています・・・

ということで、FIREしていない私がいくら語っても信憑性がないため、FIREした方のブログやSNSを片っ端から当たってみました

その結果、

FIREしてむしろ忙しくなった

という意見が意外と多かったことが分かりました。

しかし、同時に、

忙しいけれど、充実した毎日を送っている

といった感想も・・・

では、FIREした人達が何をして忙しいか確認してみたところ、おおむね以下のような感じです。

・ブログの開設・更新
・DIY
・旅行
・資産運用およびその勉強
・古い友人や親せきに会いに行く
・婚活 妊活

今までのサラリーマン時代、やりたくてもできなかったことをやられているようです。

尚、「マンガやゲームで遊び倒す!!」って方もいましたが、どうやら長続きしない模様・・・

人間ダラダラした生活は最初こそ快適に感じるものの、時が経つとともに

暇でやることがない

と不快なものに感じてくるようです。

FIREは選択肢を増やすこと

FIREのメリットは、おおむね以下の3点に集約されます。

・やりたくないこと(仕事など)をやらなくてよくなる

・会いたくない人に会わなくてよくなる


・24時間を自由に使える

一般人の多くは、仕事自体かそれに関わる人間関係にストレスを感じております

しかし、生活がかかっている以上、嫌でも仕事をすぐ辞めることはできません。

もし将来FIREできる状態になれば、「仕事を辞める」という選択肢が増えます

よって、仕事がきつくなったり、嫌な人が上司になったりしたとき、

①仕事を続ける

②仕事を辞める

の2択に迫られます。

その際、多くの人が①しか選べないところ、FIREできる状態になると②も選べるようになるのです。

また、②を選んでFIREすると、過度なストレスから解放されます。

そして、毎日の行動を自分自身で考えて選択できるようになるのです。

FIRE = ダラダラした生活で不規則

と思われがちですが、意外と規則正しい生活になるそうです。

むしろ

やりたいことがたくさんある!

ダラダラしていたらもったいない、時間を有効に使おう!!

という考えになるとのこと。

すると、「サラリーマン時代より体調が良くなり元気になった」という方も多く見受けられました。

こう考えると、FIREを目指していない方でも、FIREできる状態になっておくメリットはありそうですね。

お盆・正月の過ごし方をヒントに、FIRE後何をやりたいかあらかじめ考えよう 

まず、年末年始やお盆休みをプチFIREと考えて、今までの長期休暇をどう過ごしてきたか思い返してみて下さい。

・1日中テレビや動画、ネットサーフィンしてダラダラしていた

・友人と夜が明けるまでお酒を飲んでいた

・朝からパチンコ屋に入り浸っていた

こんな感じでせっかくの大型連休が終わってしまった・・・という方は多いのでは?

だから、

FIREしたらやることない、暇だ・・・

という考えになってしまうのです。

そこで、上記のような方は、まず次の長期休暇の過ごし方をあらかじめ考え、実行してみてはいかがでしょうか?

そこで計画通り休暇を過ごすことができれば、FIRE後やることがない状態にならない実感が少しは湧くと思います。

あとは、将来FIREしたら何をやりたいか考えるだけ。

当然サラリーマンの長くて1週間、といったような休暇では到底できないことも挙げていきましょう。

例として、私がFIREしたらやりたいことを以下にまとめます。

・英会話
・プログラミング
・お城巡り

・1日中読書

そして、体験したことをあらためてブログで発信していこうと考えています。

上記に加え今も行っている投資、家族と過ごす時間とあわせたら、暇にならないどころか、もっと時間がほしいくらいです(笑)

こういった感じで、今からFIRE後の計画を立てていきましょう!

FIREをあきらめたり、否定したりしないこと

FIREをはじめて耳にしたとき、人は以下のいずれかの感想を思われるでしょう。

・FIREできればいいね、と憧れるだけ

・FIREなんて暇、やることがない・・・と批判するだけ

・自分もFIREをしたい、と投資や副業をはじめてみる

FIREを憧れだけで済ませてはいけない

FIREは支出を減らす(最適化)ことで、余剰資金を増やし、それを投資することで誰でも再現可能です。

特別なスキルも学歴も必要ありません。

なので、もし少しでもFIREをしたいと感じたら、投資や副業の勉強をしたり、少額から始めてみたり、行動してみましょう

憧れだけで終わらせるのは、もったいないです。

FIREを否定してはいけない

FIREを目指すか、目指さないかはあくまで個人の自由です。

そのため、頭ごなしにFIREを目指して日々頑張っている人を、

FIREなんて暇でやることがない

投資なんて危ないことはできない

といった感じで批判するのは止めましょう。

こういった批判する方は、本心ではFIREをうらやましいと思っていることもあります。

しかし、自分には到底できないとあきらめ、FIREの負の部分だけ切り取り批判するのです。

何事も成功するのに簡単なことはありません。

もし本当はFIREしてみたいのなら、まずは目指す行動を起こしてみませんか?

FIREに対する批判意見について 目指すか否かはあくまでも「個人の自由」です

最近「FIRE」という言葉がメディアでも取り上げられるのようになりました。 しかし、周知されるようになってくると、必ず批判意見がちらほら出てくるようになります。 そうなると、 と投資や副業を最近始めら ...

続きを見る

まとめ

最後に、本記事のまとめです。

・FIRE経験者の意見を見る限り、意外と忙しい
 でも、忙しくても充実した日々を過ごしている

・FIREは選択肢を増やすこと
 「やりたくないことをやらない」と言える選択肢が増える

・FIRE後、あらかじめ何をやりたいか考えておくと暇じゃなくなりそう

・FIREは誰でも再現可能!
 あきらめないで目指すことが重要

仕事は今充実して楽しいと思っていても、人事異動や配置換えで、いつ苦痛なものに変わるか分かりません。

なので、そのとき嫌なことを断る選択肢を増やすため、FIREを目指すのはありかと思います。

あわせて読みたい


スポンサーリンク

-FIRE