" />

高配当株

KDDIの 配当金はいつ入る? 配当推移・権利確定日・支払日は?

この記事では、高配当株投資で多くのインフルエンサーがおすすめしている

KDDI

について解説していきます。

B助

高配当株投資を始めたいけど、おすすめの銘柄は何?

KDDIの購入を検討しているけど、買って大丈夫なの?

ガースーにいじめられて株価下がっていたし・・・

A子

とお悩みの方は、是非読み進めていただければと存じます。

最初に、私の株式投資に関する簡単なプロフィール紹介

投稿者の投資歴

私は2008年より株式投資を始め、14年目になります。

これまでも高配当株を中心に買ってきましたが、高配当だけが取り柄の罠銘柄の減配に悩まされてきました。

そこで、2011年東京電力株での大失敗して以降、業績・財務状況が良好な銘柄を厳選して投資することに・・・

そのおかげで、今では1,000万円を超える資産に増やすことができました。

こんな感じで失敗を繰り返し、今のスタイルを確立して利益を上げることができました。

さて、高配当株投資において

通信セクターは高配当ポートフォリオのコア

と位置づけております。

高配当株の多くが景気敏感株であるため、

景気が悪いときに、株価下落と減配のダブルパンチを食らう

といったリスクがあります。

しかし、NTTやKDDIは現代の生活に欠かせない通信セクターであり、景気に左右されにくいのが強み

そのため、通信セクター2位のKDDIは、業界首位のNTTと合わせ真っ先に購入対象として下さい!

事実、KDDIはコロナショックで多くの企業が無配・減配に落ちる中、収益は安定しむしろ増配されました!!

この記事では

ポイント

  • KDDIの配当推移
  • KDDIの2021年・2022年の配当実績
  • KDDIの配当金はいつもらえる?
  • いつまでに買えばKDDIの配当金を受け取る権利を得られる?
  • KDDIのその他の重要チェック項目は?

について解説しております。

KDDIの購入を検討している人は、是非ご参考下さい。

ライバルNTTの記事はこちら

【日本電信電話】NTTの 配当金推移、権利確定日・配当金支払日はいつ?

この記事では、高配当株投資で多くのインフルエンサーがおすすめしている 日本電信電話(NTT) について解説していきます。 とお悩みの方は、是非読み進めていただければと存じます。 最初に、私の株式投資に ...

続きを見る

スポンサーリンク

配当金をもらう前提条件

配当金を受け取るには、まず証券会社への口座開設必須

B助

株式投資は怖い

って人は多いけど、口座開設にはお金はかかりません。

今すぐ投資を始めなくても、いざチャンスが訪れたときに

A子

せっかくの買いチャンスを逃してしまった(´;ω;`)

とならないように、口座開設までは済ませておくことをおすすめします。

さて、証券会社は多数あれど、おすすめの証券会社は

  • 松井証券
  • SBI証券

になります。

証券会社選びは、手数料の安さがポイント

どちらも50万円以下したら、買付手数料無料です。

尚、SBI証券については

単元未満株(100株未満)の買付手数料実質無料

となります。

投資資金が少ない(具体的には100万円以下)人は、口座開設をしてみましょう。

松井証券


SBI証券


あわせて読みたい関連記事

SBI証券で単元未満株を手数料無料(実質)で買えるように!

といった悩みを抱えている人に朗報です! SBI証券が、 単元未満株の購入手数料無料(実質) との情報が飛び込んできました。 通常は100株単位でしか買うことができないため、 と、いろいろな銘柄を集める ...

続きを見る

KDDIの配当推移

IR BANKより引用

2022年3月期の1株配当は125円・・・これで

20期連続増配達成!!

この記録は会社規模で勝る、日本電信電話(NTT)を上回ります。

1株配当では、

直近10年で減配がないこと

を重要視していますが、減配がないどころかずっと増配です。

自社株買いもコンスタントに行っており、株主還元の意欲は非常に高いと言えますね。

KDDIの2021年・2022年の配当実績

2021年3月期 期末配当 60円
2022年3月期 中間配当 60円
2022年3月期 期末配当 65円
2023年3月期 中間65円・期末70円予想

2021年3月期は120円、2022年3月期は125円の配当金が、年間で受け取ることができます。

そして、2022年5月13日に発表された本決算発表および今期見通しでは、年間配当135円へ増配することに!

連続増配21期と、記録更新の見込みです。

さて、通常は100株単位で購入するため、

13,500円(税引き前)

年間で受け取ることができる金額です。

NISAの非課税枠で購入すれば、上記金額は丸々手取りになります。

一方、通常の特定口座で購入すれば、ここから約20%税引きされるため、

9,600円(復興税除く)

が手取りとなります。

NTTの配当金はいつもらえる?

2021年にいつ配当金が入金されたか調べたところ、

2020年度期末配当 → 2021年06月2日
2021年度中間配当 → 2021年12月1日

と記録されておりました。

3月決算銘柄は多数ありますが、月初にもらえることが多いようですね。

当然、年によって配当金が入金される日程は変わりますが、

6月と12月に配当金をもらえる

と覚えておけばよいでしょう。

いつまでに買えばKDDIの配当金を受け取る権利を得られる?

KDDIは多くの企業が採用している

3月決算

です。

上述のとおり、年2回権利確定日があるため、

3月末・9月末の最終営業日の2営業日前

までにKDDIの株式を保有していれば、配当金を受け取ることができます。

初心者に注意していただきたいのは、

営業日でカウントするため、土日祝は除く

ということ

2022年は3月31日が木曜だったので、3月29日の火曜と分かりやすかったのです。

しかし、もし3月31日が月曜日の年だった場合は、

前週木曜日の3月27日

までに株式を保有している必要があります。

もし、初心者で大混乱してしまったら

ポイント

  • 証券会社のトップページでアナウンスしているので確認
  • ググって確認

するように気をつけましょう。

【超重要】KDDIのチェックすべき項目は?

最後に、高配当株投資において、チェックすべき項目もみておきましょう!

ポイント

  • 配当利回りは3.75%以上か?
  • 配当性向は50%以内か?
  • 月足チャートは上昇傾向か?
  • 通信セクター内での序列は?
  • 収益は上昇傾向か?

尚、通常ですと「自己資本比率」や「フリーキャッシュフロー」といった財務についてもチェックします。

しかし、超大手企業や金融関係は、総じて数字が悪くなる傾向なので、今回はあまり重要視しません。

配当利回りは3.75%以上か?

2022年5月18日時点のNTTの配当利回りは、

2.98%

です。

正直かなり物足りないですね・・・

本サイトでは、基準値を3.75%(税引き後3%となるため)としております。

そのため、

ポイント

  • 株価下落局面を待つ
  • 増配して配当利回りが上がるのを待つ

といった感じで、次のチャンスを待ちましょう。

尚、KDDIは今後配当利回りが4%に近づくことが少なくなるかもしれません。

また菅前総理が出てきて、大手3社をいじめれば話は別ですが・・・

そのため、

3%台前半

でも購入検討はありです。

連続増配は今後も続く可能性があるため、

ポイント

  • 減配リスクが極めて低い
  • 増配でいずれ配当利回りは上昇する

と考えれば、早めに買ってしまうのもぜんぜんありです。

配当性向は50%以内か?

2023年3月期は

135円(1株配当) ÷ 312.3円(1株利益) × 100 = 43.22%

となる見込み

50%を下回っているため、適正値です。

無理のない配当政策を取っていると言えるでしょう。

月足チャートは上昇傾向か?

株探より引用

上図のとおり、比較的上昇傾向です。

2015年~2021年まで上値を試すも政府に値下げ圧力を掛けられ失速・・・

そして、2020年4月はコロナショックもありました。

その後2021年に3,500円のレンジ上限をブレイクし、4,000円を大きく超えております。

ただ、ちょっと上がりすぎ感が出てきているため、急落には要注意です!

通信セクター内での序列は?

通信セクターは、

ポイント

1位 NTT 時価総額13.6兆円

2位 KDDI 時価総額9.6兆円

3位 ソフトバンク 時価総額6.8兆円

と、ほぼ序列が決まっております。

1位と2位、2位と3位ではかなり時価総額に差があり、ちょっとやそっとで入れ替わりがない程離れております。

そのため、NTTが基本序列1位となりますが、2位のKDDIも

連続増配20年

10期連続最高益

とNTTに引けを取らない程、すばらしい成績を残しております。

この2社をバランスよく購入していくといいでしょう。

収益は上昇傾向か?

IR BANKより引用

前述のとおり、

10期連続最高益

というすばらしい成績を収めております。

また、営業利益率・ROEともに二桁台に乗せ、収益性もバッチリです!

当然、本来なら一番気になるところのコロナショック時の業績も、増収増益

エリート企業の多くが減収減益に陥った年度でも、しっかり収益を上げており、安定感がありますね♪

こういった銘柄は、比較的安心して長期保有することができます。

まとめ

最後に本記事のまとめです。

◆KDDIのメリット

高配当かつ増配傾向。配当性向も低め
株主優待でカタログギフトがもらえる
景気敏感株でなく、収益が安定している

◆KDDIのデメリット

政府からの値下げ圧力による収益悪化
・楽天など新勢力の台頭によるユーザーの流出

KDDIは高配当でかつ景気敏感株でないところが利点です。

多くの高配当株が景気敏感株であるため、2020年のような暴落に見舞われても、安定した高配当を期待できます。

一方、日本の携帯料金が高いことが社会的(政治的?)に問題となっていることも事実。

楽天など新規参入がこれから加速する可能性があるため、そこだけ少し注視しておきましょう。

あわせて読みたい関連記事

【厳選25銘柄を公開】日本株で高配当ポートフォリオを作るとしたら?

といった悩みを持っていたら、是非読み進めていただければと存じます。 最初に、私の株式投資プロフィールを紹介 こんな感じで、私も最初は何度も銘柄選定を間違えました(笑) さて、高配当銘柄はたくさんありま ...

続きを見る

知らなきゃヤバイ?【日本株】高配当株ポートフォリオの作り方

こんなお悩みを抱えている個人投資家が多いのではないでしょうか? 私は2008年より株式投資を始め、14年目になります。 これまでも高配当株を中心に買ってきましたが、高配当だけが取り柄の罠銘柄の減配に悩 ...

続きを見る

日本株で高配当ポートフォリオを作るのにおすすめの証券会社

松井証券は、早くから少額(10万円以下)は手数料無料と、投資金額の少ない方に重宝しておりました。

画面も見やすく使いやすいため、初心者の方におすすめできる証券会社です!

松井証券

スポンサーリンク

-高配当株
-