" />

節約術

【節約術】エコバッグを使い、レジ袋代を節約 少額でも毎日積み重ねれば大きな差に!

2020年7月より、全国一律でレジ袋が有料化されます。

地元のスーパーなどではすでに開始されているところもありますが、今後は現在無料のコンビニやドラッグストアも有料化されていきます。

金額は2円~5円と非常に少額のため放置しても問題なく感じますが、他の節約項目に比べて買い物頻度はほぼ毎日で、積み重なると月間・年間でかなりの差が出てきます。

この出費はエコバッグを用意するだけで解決しますので、今後有料化する店舗が増えてくることを踏まえ、今すぐ対策しましょう。

スポンサーリンク

エコバックを使って、レジ袋代を節約しよう

もくじ

  • レジ袋有料化の概要
  • エコバッグにかける費用は最安で十分
  • 年間いくら節約できるか?
  • 今まで無料が当たり前のものが、今後有料になることも

レジ袋有料化のポイント

レジ袋有料化は誰でもスーパーで買い物するため体感で分かると思いますが、詳細まで知らない人は多いと思います。

ここでは、最低限知っておいた方がよいポイントを2点解説します。

対象は全国の小売店すべて

2020年5月時点では、スーパー以外でレジ袋を有料化している店舗は少ないです。

しかし、7月になると「プラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者」が対象となります。

まだ実施していないコンビニやドラックストアも7月へ向け随時開始されていきますので、今後有料になる店舗は間違いなく増えていきます。

対象はあくまでプラスチック製 紙袋などはこれまでどおり無料

有料化されるのは、あくまでプラスチック製です。

紙袋や布袋、プラスチック製でも「持ちてのない袋」など、袋の種類によってはこれまでどおり無料のままです。

このことから、アパレル系や百貨店などこれまでも紙袋等で対応していたお店では、気にする必要はなさそうです。

もっと詳しい内容を知りたい人は、経済産業省のサイトをご確認下さい。

エコバッグにかける費用は最安で十分

エコバッグはおしゃれなものから保冷機能付きなど様々ありますが、もちろん付加価値があるものは、普通のバック並みに3~4,000円くらいします。

あくまで日々のスーパーやコンビニなどでの買い物に使うものですので、高額のエコバッグを買う必要はありません。

数百円のものがあれば十分です。

節約目的なのにエコバッグにお金を掛けてしまっては、本末転倒と言わざるを得ません。

年間いくら節約できるか?

スーパーだけなら1日1回で3~5円ですが、今後コンビニやドラッグストアまで有料化が進むと、対策していないと1日10円くらいかかるのではないでしょうか。

その場合、単純に計算して1ヶ月で300円、1年で3,650円になります。 年間これだけ節約できるのなら、対策する理由としては十分です。

今まで無料が当たり前であったものが、今後有料になることも

本記事のレジ袋のように、これまで無料で当たり前に提供されていたものが、将来有料になるケースは今後増えてくることが予想されます。

ネットショップの配送料もそうですが、無料にできたことが有料になると、どうしてももったいなさを感じてしまいます。

しかし、制度としてできてしまった以上、役所やお店などに文句を言ったところで、何も解決しません。

有料や値上げになったときに備えて、自分自身で対策を考えることが重要です。

まとめ

  • レジ袋代は、対策しないと年間3,000円くらいかかる
  • 数百円のエコバッグを使うだけで解決するので、今すぐ実行するべき

レジ袋有料化対策は、エコバッグを買うだけです。

誰でも手軽にできることですので、対策していない人は今すぐエコバッグを買いましょう。

1日10円そこそこなら無視して問題ないように思われがちですが、こういった少しの節約が将来の貯金額に大きな影響を与えます。

他の少額で対策できそうな節約方法を組み合わせることで、どんどん無駄な出費を減らしていきましょう!

スポンサーリンク

-節約術