" />

節約術

【節約術】車の所有はオワコン。必要なときに借りるのが賢い方法です

住宅や保険と並び、車の所有は日本人がお金を貯められない理由の一つ。

特に首都圏で車を所有している人は、本当に所有し続ける必要があるか今すぐ考えてみるべきです。

最近はカーシェアの台頭で、車を所有する時代は終わりを迎えようとしています。

自分の車を使う頻度を考えて、自分に適した車の使い方を考察してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

車の所有はオワコン。必要なときに借りて維持費を節約しましょう

車の所有にかかる維持費

車の種類によって維持費は異なりますが、概ね年間「30万円~50万円」くらいとなります。

内訳は、税金(自動車税・重量税)、保険料、メンテナンス費用(タイヤ・オイル交換・車検代)、そしてガソリン等の燃料費です。

もし、マンションや戸建てなど不動産を所有しているのなら、固定資産税・火災保険・管理費・光熱費といったところでしょうか。

不動産の所有と同様、車も所有するだけでお金がかかってしまう金食い虫です。

車の購入費を加えると年間100万円になることも。これではお金が貯まりません

月間30万円でも車の購入に100万円かかり5年間乗ったとしたら、実質は20万円プラスとなり月間50万円かかることとなります。(車の売却金額0円と仮定)

これが500万円の車を購入したとしたら、5年で手放したらそれだけで100万円/年以上かかることとなります。

年間車に100万円、家賃や住宅ローンに100万円かかっているとしたら、年収4~500万円くらいの人がお金を貯められるわけがありません。

家と車のためだけに働いていると言っても、過言でないこととなります。

ポイントは車を使う頻度。頻繁に使う人は「カーシェア」、あまり使わない人は「レンタカー」がおすすめ

車が必要か否かを判断する上で必要なことは、自分の車の使用頻度を測ること。

使用頻度が分かれば、自ずと車の最適な所有の仕方、借り方が分かってきます。

毎日車を使う人は、他の移動手段がないか考えましょう

まず毎日使う人は、電車やバスなど公共交通機関を利用できないか考えましょう。

始めは不便に感じるかと思いますが、慣れればぐっと支出を抑えることができます。

また、それ程職場が遠くないようなら、徒歩や自転車通勤できないか考えましょう。

これは、地方の人にも言えることです。

毎月使う人は「カーシェア」がおすすめ

週末のショッピングや行楽にだけ利用する人は、カーシェアがおすすめです。

オリックスカーシェアの場合、月45分以上使うのなら、ランニングコストを毎月支払う「個人プランA」に入会する方がお得です。

このプランの場合、サービス料がランニング費用と同額になるため、月1以上使用するなら実質ランニングコストなしとなります。

オリックスカーシェア:料金プラン

オリックスカーシェア公式サイトより

オリックスカーシェアには基本料金なしの「個人プランB」もあります。

こちらは毎月まではいかないが、年に数回車を使用する人向けのプランです。

尚、カーシェア事業の国内トップは「タイムズ」ですが、月額基本料金がかかってしまいます。

年間の使用頻度が低い人は、タイムズとは相性がよくありません。

タイムズカーシェア:料金プラン

タイムズカーシェアHPより

年に数回しか使わない人は「レンタカー」がおすすめ

使用頻度が低い人は、毎月ランニングコストがかかるのは無駄遣いとなります。

そこで、前述のオリックスならランニングコストがかからない「個人プランB」がお得です。

しかし、オリックスカーシェアが近所にない人も多いのではないでしょうか。

私も自宅から10分程歩くところにあるため、オリックスの株主優待がなければ近くのタイムズを使っていたでしょう。

そこで、使用頻度の低い人はレンタカーをおすすめします。

トヨタレンタカー:料金表

トヨタレンタカー公式サイトより

タクシー代は高いが、所有するよりコスパが良い?

タクシー代は高いですが、使用頻度によっては車を所有するより安くなります。

購入費を入れた実質年間コストが50万円なら、この金額以内に収まればタクシーの方がコストパフォーマンスは良くなります。

たとえ片道3,000円で50往復しても、年間30万円で済むのです。

体調不良のとき、最寄駅から遠い病院や役所に行くときなど、用途を限定すればタクシー利用は車所有よりぜんぜんありです。

まとめ

  • 車を所有する維持費は年間30~50万円。購入費も含めればそれ以上の金食い虫
  • 日々の移動手段を電車やバス、徒歩や自転車に置き換えられないか考える
  • 車を月1以上使う人はカーシェア、ほとんど乗らない人はレンタカーがおすすめ
  • 使用頻度によっては、車を所有するよりタクシーの方がコスパがいいことも

車の所有は維持費がかかる他、事故の危険性もあります。

最近は歩行者や自転車マナーの悪い人が多く、いくら気をつけても事故に巻き込まれる恐れがあります。

事故を起こすと運転者は無実を訴えても、8割以上責任を負わされるケースがほとんどです。

また、いたずら被害や災害で車を失うニュースもよくみかけます。

不動産同様、車は所有した際の出費やリスクが非常に多いです。

これからは所有するのではなく、各々のライフスタイルに合わせて使いたいときに借りることを推奨します。

すでに車を持っていて貯金がほとんどできていない人は、一度車の必要性を考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

誰でも2,000万円は作れる!老後資金の貯め方10選まとめ

スポンサーリンク

-節約術
-